カードローン金利情報マネナビ

三菱東京UFJ銀行カードローン
銀行だから安心の金利!
  • 簡単、スピーディーにご利用OK!
  • 銀行ならではの金利と限度額!
  • 実質年率 4.6%〜14.6%
  • 限度額  10〜500万円 ※学生の方は10万円、主婦の方は30万円以内の利用限度額有

モビット
WEB完結申込 お申込からご利用までネットのみ!
  • 10秒結果表示
  • 限度額最高500万円
  • 実質年率 4.8%〜18.0%
  • 限度額  1〜500万円

レイク
急な出費に!審査後、当日振込みも可能!
  • 2つの無利息サービス!
  • お借入れ・ご返済などのATMの手数料 O円!
  • 実質年率 4.5%〜18.0%
  • 限度額  1〜500万円

担保キャッシング

担保キャッシングというのは何か担保に入れてキャッシングを利用するというものです。普通のキャッシングの場合には、担保がないタイプの無担保キャッシングが一般的です。しかし担保キャッシングというのは無担保キャッシングよりも融資してもらえる額がおおきいですから大金が必要になってキャッシングをしようと思っている人にとっては、担保キャッシングが向いているかもしれません。担保となるものは車や不動産などいろいろです。担保キャッシングのメリットは、不動産や車を担保に入れることで大金をキャッシングすることができるということです。

 

しかし担保キャッシングはメリットだけではありません。不動産や車を担保に入れているのですから、もちろん返済できなくなってしまった場合には、不動産や車は抵当に取られることになります。もしも家を担保にキャッシングをした場合には、キャッシングの返済ができなくなったら家をとられてしまうことになります。ということは住む家もなくなってお金もなくて路頭に迷うことになりかねません。ですから担保キャッシングを利用する場合には、無担保キャッシングを利用するよりも神経を使ってちゃんと計算をして返済していけるのか確認したうえで利用した方がいいでしょう。

キャッシング用語の主なもの

キャッシングをするにあたってキャッシング用語をある程度知っておいた方がいいと思いますので紹介したいと思います。まずキャッシングをする場合には金利や手数料という言葉が出てくると思います。キャッシングをする額が少なければ高くなりますしキャッシングをしている時間が短ければ金利は高くなります。しかしたくさん借りたからとか返済期間が長いと金利が得というわけではありませんからキャッシングをする場合には金利面をよく確認してからキャッシングしましょう。それからキャッシングの限度額についてですが限度額というのは、キャッシングで借りることができる額のことを言います。クレジットカードには限度額があると思いますがショッピング枠とキャッシング枠に分かれていると思いますからそれぞれ確認しておくのがいいと思います。

 

キャッシング用語として利便性も一つあると思います。キャッシングの利便性というのはどんなことかというと、返済のときの利便性といった使い方をするのですがどれだけ返済しやすいのかということですね。たとえば給与口座から引き落とし可能なキャッシング会社の場合にはわざわざ返済しに行かなくてもいいのですがATMに入金しなければいけない場合には少し面倒ですね。

キャッシングの自己破産

キャッシングと自己破産について紹介したいと思います。今、キャッシングが原因で自己破産している人はとても多いといわれています。キャッシングはとても借りやすくなっていますから誰でもお金が必要になったらキャッシングをすれば借りることができます。でも、手軽に借りられる割に、キャッシングはなかなか返済できないといわれています。その理由はなぜでしょうか。キャッシングがなかなか返済できない理由というのはやはり、利息が高すぎることが原因ではないでしょうか。キャッシングの利息というのは、銀行などで借りるよりも高めに設定されています。キャッシングで手軽にお金を借りたのに、利息がついて返済できなくなってしまったという人は大勢います。しかも、返済できなくなったから、他のキャッシング業者からまた借金をしてそしてまたその二つ目のキャッシング会社の返済も苦しくなって三つ目のキャッシング会社から借入をしてしまう。

 

このようなことを繰り返して最終的にはキャッシングの多重債務者になってしまい、最終的に、返済が不能となって自己破産をしてしまうケースがとても多いのです。キャッシングの自己破産を防ぐために最近ではまとめるためのローンなども出てきましたし、消費者金融の金利も下がりつつありますがそれでもキャッシングの自己破産は後を絶たないようです。